円形脱毛症と自律神経

円形脱毛症は、自律神経の乱れから発症するという事も言われています。



人間は交感神経副交感神経の2種類の自律神経を持ち合わせており、
身体が活動状態の時には主に交感神経、
反対に寝ているときには副交感神経が主に働きます。



交感神経は活動的であり、副交感神経はリラックス状態を作り出します。



精神的なストレスや、強いストレスなどを受けると、
この自律神経が乱れてくるのです。



ストレスを感じると交感神経が活発化し、
心臓の動きを早めたりと緊張状態を作り上げます。



こういった状態が繰り返されると、
自律神経に乱れが生じ、円形脱毛症を発症させたりするのです。



自律神経ストレスと関係がありますので、
ストレスは円形脱毛症に限らず、身体には良くないものでしょう。



ある程度のストレスは必要ですが、過度なストレスを感じているならば、
ストレスを解消して、自律神経の乱れを正常化させましょう。


スポンサード リンク

円形脱毛症の原因を探り、症状を把握して治療を行いましょう。